当店について

はすのかカフェは2019年の9月にオープンしました。

食が人生を豊かにするという思いを持ち、食べることが生きがいに近い食いしん坊な夫婦が、それまで所属していた別の業界から転身して始めたお店です。

「はすのか」 は漢字にすると 「蓮の香」 となります。
喜多院、成田山という由緒正しい仏閣の近く、仏教とゆかりの深い蓮の花のその香りがただよってくるような場所にあるカフェということで「はすのかカフェ」と命名。

看板メニューである発酵玄米を使ったお食事プレート、自家製100%ライ麦パンを使ったお食事プレートなど、食薬としての機能の完成度を追究した独自メニューに代表されるように、当店は「腸活」を基盤にした食生活を送っている夫婦がその活動によって得られた実りをメニューを通じてたくさんの人と共有するための交流の場でもあるのです。

腸活のその先にある大きな果実、それは「生涯現役でいることを可能にする体」だと私たちは考えています。
生涯現役でいることを可能にする体づくりを食で支える、そんな思いでメニューを開発しこの先も日々進化し続けていきます。

このように「腸活」という概念がこのカフェのバックボーンとして存在していることを知っていただきたいのです。

が、!

と・は・い・え、、

冒頭に書いたように私たちは食べることが生きがいに近い食いしん坊夫婦。
味覚の快楽だけを追究した食べ物も、だ・い・す・き!(^^;)。。

人生を豊かにするうえでは、腸活に有益な食事もそうではない食事もどちらも必要!(断言)。

ですので、腸活に有益なものもそうではないものも、様々なバリエーションを私たちのできる範囲でご用意してお待ちしております。

食べたいものを食べ飲みたいものを飲む(呑兵衛夫婦ですから‥)、その中で腸活に有益な食材をバランスよく摂取しながら腸内細菌叢を優良な状態に保ち続ける、というある種のテクニック的なものを活用した食生活を送りながら健康的に人生を楽しんでいる夫婦が営むカフェです。

ご興味をもっていただけましたら幸いです。

「腸活も 腸活以外も はすのかカフェで」